2 comments
0 trackbacks

買い替えたフローティングベストに慣れておきたくて、本格的な根魚シーズンに突入する前にぷらっと調査。

柔らかいバスロッド+そこそこ柔らかいバスロッドの2本装備。
1本は置き竿。

↑柔らかいほう。
この状態でもう1本の準備をしていたのですが、釣れる気がしない。


準備が終わったところでキワを探って歩いたけど反応無し。
ちょっと降りてってそこそこ潮が通る穴の中層で待っていたらコツコツとアタリが出始めたので、合わせてみたらチビムラソイ・・・

↑このサイズのムラソイ、クロソイ、イシダイの稚魚が何度もヒットしました。

根魚狙いで夕方出撃ってシチュエーションが少ない事もあり、ロッドや仕掛けを変更しながら色々試していたところ、かなりきわどい穴でびみょ~なアタリ。
竿先を上げられない場所なので、限界まで竿先を下げつつ糸フケを取ってからグイッと合わせたら結構重い。
やり取りできる場所まで竿を移動させて回収にかかったものの、予想外に引き込んでく。

この時使ってたのは一番柔らかいバスロッドだったこともあり、引き上げるのに相当苦労したものの、無事にムラソイゲット。

↑試しにハリスを長くとったバージョン。狭いとこだと合わせ入れるの一苦労。

さらに近くの穴の上層にあるひな壇状の棚を小突いたところでムラソイヒット。

コイツは割りと簡単に回収できました。

同じポイント探ったらイシダイの稚魚がスレ掛かりしてきたのでリリース。
置き竿のエサがキレイに取られたり、穴を探ったときにヘンなアタリ出してた犯人はイシダイでしょうね。


ココでロッドチェンジ。
やや柔らかめのバスロッド。(S◯M製)

置き竿にするならハリス長めのほうが良さそうだけど、探り歩くならハリス短めにして、やや柔らかめのほうが良い気がする。

このタックル変更が効いたのか、立て続けにムラソイ・クロソイとヒットしたものの、小さかったのでリリース。

この後、ちょっと気になる穴を探ったところでゴンっというモロ食ったアタリが出たので間髪入れずにグイグイ巻き上げで回収。

コイツが本日一番の大物か?

ロッド交換しといたおかげで苦労せず楽に回収できました。


あとは夕日を見て・・・

のんびりと撤収準備して撤収。

本日の釣果は18~23cmくらいのムラソイ3匹でした。

クジメのアタリが一切出なかった&イシダイがスレ掛かってきたのが気になりますね。
まだ水温が高いのかな?

例年ならそろそろキスが終わって根魚のシーズンなんだけどなー…。

とりあえず穴用タックルのメンテをして備えとこう。
スポンサーサイト
2 comments
0 trackbacks

かれこれ10年くらい使い続けてきたリョービのフローティングベスト。

当時は枕無し:0.5万、枕有り:0.7万程度で売られていたと思います。
どっちもフロート材が分厚くて通気性も悪く、夏場はかなり暑い厄介者でしたが機能性はナカナカ。

しかし、使用年数を考えるとそろそろフロート材も怪しいし、ポケットにも穴が空いてきたので買い換えどき。
どうしようかと考えながら道具類をチェックしてたら、不意にファスナーが逝きました。(-_-;

はい。
買い替え決定。(苦笑)


某量販店で先月末に買い物したときにもらった割引券(5,000円以上で500円、10,000円以上で1,000円引き)もあるし、そろそろ決算セールのハズ。
今回も同じようなリョービのフローティングベスト買おうとしたのですが・・・
枕付きのベストが無ぇ!!!

リョービは全滅。
シマノも在庫なし、唯一の在庫品はダイワ製のみ。マジか!?

最近は軽装がトレンドなのか??
確かに春~秋にかけてのゲームフィッシング感覚の釣り人に枕は要らないのかも。

でも、年中活動する自分としては「枕」は外せないポイント。

そんな訳で散財してきましたよ。
ダイワ「DF-3506(バリアテック 枕付きフロートベスト)」。

どうせなら赤が欲しかったんですが、在庫はライトグレイのみ。

本体価格 27,500円(税込み29,700円)が、頭売価 20,800円。(25%Off)
そこから決算セールでさらに10%OFF→18,720円。(32%Off)

さらに1000円割引券使って→17,720円。(36%Off)

最終的には税込み19,137円。

およそ1万円くらい安く買えましたが、個人的には1万以内のリョービが欲しかったなぁ。
どうせ消耗品なんだし。


まずはコレに常備してる消耗品移植して、実釣(穴釣り)に出掛けてみっかー。

2 comments
0 trackbacks

先月、久しぶりに親のistを運転したらHiビームがなんか暗い・・・
考えてみれば新車購入から約8年。
フォグランプは一度バルブ交換してるけど、Hiビームは純正のままだったんで、急遽交換用バルブ購入。

マイナーなH7形式・・・

中身はこんな感じ。

奥が純正、手前が社外品。
車検通るのか!?


まずは実際に交換して、どんなもんなのか確認。

向かって右(助手席側)が社外品、左側が純正品。
光量は社外品が上。
色温度も社外品のほうがやや高い。

交換後、夜道を実走してみましたが、若干明るくなりました。
元々このistはヘッドライトの位置が高いせいか、LowビームとFogが半端無く明るいからHiビーム依存度少ないんですけどね。

8年間無交換だった純正バルブは良い感じに煤けてました。

もうアウトですね。


でもって、次は自分のプリウスαのLowビーム交換。
プリウスαって純正ハロゲン仕様かLEDの2択。
HIDは設定されていません。

購入当時、LEDヘッドライトを採用していたのはプリウスと日産のリーフくらい。
性能的にも色々と気になることが多かったので、簡単にHID化できるハロゲン仕様を選択しました。
そして納車日の夜にPIAAのHIDキットを装着。(30系プリウス専用品を加工して取付)

まぁ…
当初の目論見通り純正LEDよりも明るく、冬場の猛吹雪でもHIDの発熱でレンズの雪が溶けて良い感じなのですが…
予想以上に熱量高いみたいで、レンズユニットが熱損耗してきました。(-_-;

そこでPIAA性のヘッドライト用LEDバルブを購入

3700lm/6000K、消費電力は25W。


HIDの明るさには及びませんが、発色が綺麗です。

↑青っぽく見えるのはポジションランプが青LEDだから。

実際に点灯した状態で対向車線から見るとかなり明るいのですが、運転してると明るさは感じません。
むしろHIDより暗くなった印象すら受けます。
コレは色温度のせいもありますが、HIDはバーナーの光がライトユニット内で乱反射して光が漏れてたんだと思います。


今回、LowビームをLED化したことで前照灯はオールLED。

Hi/Low/Fogを全点灯するとこんな感じ。

全てPIAA製です。
あとは耐久性がどの程度あるかですね。
HIDは5年間ノートラブルだったんで、LEDもあと5年はイケるかな?

2 comments
0 trackbacks

最近、キスを捌いてる時に「切れ味悪いなー」と思うことが多かったので出刃包丁を研ぎました。

自分は背開きばっかなので、基本的に切っ先からソリにかけて研ぎ出せば良かったのですが…
想像以上にソリからアゴにかけてかなり刃こぼれしてるのを発見。
コレは母親がソイのアラを捌くときによく使う場所。

しかも当時は樹脂製のまな板使ってたので、痛みが激しかった模様。
しょうがないので今回は切っ先からアゴまで全面研ぎ出し。

いきなり完成の図。
ハッキリ言ってテキトーです。
刃の付き方も相当甘いです。

このあと、表面のサビを軽く落として拭きあげてから試し切りしましたが、切れ味はイマイチですなぁ。
いや、研ぐ前と比べたら雲泥の差ですが、亡くなった祖父の研ぎあげた包丁と比べたら天と地ほどの差があります。

金物屋さんに研ぎ直しお願いしても、切れ味は祖父が研いだ包丁には遠く及ばないもんなあ。

祖父が元気なうちにキチンと研ぎ方習っておけば良かった…
2 comments
0 trackbacks

最近、釣りには行ってるのですが、釣果はパっとしないし、ろくすっぽ撮影もしていないのでネタがありません。

だもんで、今回は軽トラのメンテナンス(?)です。
良い子は真似すんなよ?


かなり前に装着したWirusWinのコンパクトマフラー。
「爆音」との前評判通り、かなりヤカマシイです。

いちおう標準で「バッフルプレート」がついてきます。

↑コレでパイプが長ければもっと静かなんだが…


装着の有無で比較すると、装着するとナンボかマシって程度。
爆音には変わりありません。
なので、マフラー装着時に金タワシを詰め込んだのですが、詰め込みすぎたせいかなんとな~く吹け上がりが悪い。
いや、排気抵抗大きすぎてアイドリング不安定。

そこで金タワシを撤去して、バッフルプレートのパイプを延長することにしました。

材料はそのへんのホームセンターで入手可能な鉄パイプとジョイント。
(正確には外径25φのステンレスパイプと材質不明なパイプジョイント)


音量変化の度合いを知りたかったので、まずはパイプジョイントから5cmほどパイプが飛び出るところにマーキングしてパイプを切断。


そしてパイプジョイントでバッフルプレートにドッキング。

加工前に比べたら10cmくらいパイプ延長できたかな?


んで、コレを仮装着してエンジンON!

…って、爆音に変化なし。

金タワシが一番効果的ってことか。orz


しかし、金タワシを詰め過ぎるとアイドリングが不安定になるので、今回は金タワシを緩く詰めてパイプ延長したバッフルプレートを装着。
音量も若干抑えられて、吹け上がりもそれなり。

とりあえずこのまま様子見ってことで、翌日早朝から近場の砂浜へキス釣りに出発。
普通に釣って帰ってくるとき、シフトダウンでアクセル煽るとガラガラと変な音が…
ついでになんか臭い。

後日エンジンが冷えてる時に確認したらパイプジョイントが消え去ってました。
いや、正確には溶解してました。(爆)

↑バッフルプレートの形で固まってます。


思ったよりも排気温度高いのね。>軽トラ。

ガラガラいってたのはパイプがサイレンサー内部で動いてた音。
臭いは溶解したパイプジョイントだろうね。

そんな訳でマフラーは最初と同じ金タワシ+バッフルプレートに…


あとで耐熱性高そうなパイプジョイント使って再挑戦してみよっと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。